ハーシンク 〜心たおやかに、すこやかに〜

臨床心理、教育心理そして特別支援教育に関わる方
またはこれから志す方のための学習会の充実をめざしています

2016年10月16日(日) 10:15〜16:15 終了

 ※5時間(途中1時間休憩) 

○歴史(コッホを中心に) ○実施法について(含実習)

○解釈の手順−大・中・小 そして統合へ
○手順に従った解釈の実習1−その樹木画の特徴をとらえる−

1.全体印象
2.定位及び描画のバランス・構造特徴(とその解釈)    
3.樹木の重要な部分(根・地平・幹・冠)の特徴(とその解釈)   
4.その他の描特徴、および樹木の細部特徴(とその解釈)

11月23日(水祝)13:30〜16:30 ※3時間 若干
○手順に従った解釈の実習2

−全体印象や他の特徴、そして背景情報を参照しながら、1〜4の解釈を行う−

 

その折りに、 .発達的意味 .空間象徴的意味 .樹木の各部の意味
 .エネルギーの流れ(描画・生成過程)の意味 .運筆動態の意味を検討する。

12月23日(金祝) 13:30〜16:30 ※3時間  若干

○手順に従った解釈の実習3
−これまでの勉強を踏まえて、参加者で検討しあいながら事例の解釈を進める−
○総合所見を作成する。

 

 

【会場】神戸市産業振興センター 会議室 *神戸市中央区東川崎町1-8-4  

    ※都合により変更する場合もございます。ご了承下さい。


【講師】塩月 源洋 先生  

 

【主催】ハーシンク

 

【参加費】 全回¥19,500(税込) 
      単回 第1回目のみ  ¥10,000(税込) 第2,3回目 それぞれ ¥5,000(税込)

【資料代】¥2,700(リングファイル印刷代などとして実費負担・税込) 
               ※すでにお持ちの方はご持参ください。
      参加費とご一緒にお振込み下さい。
 

【定員】 30名程度 

 

【〆切】 第1回〆切 10/8(土) ※ただし定員になりしだい〆切とさせていただきます。

     *定員に余裕のあった際は各回の1週間前まで

    
【対象】
・教育、心理、福祉、医療で子ども臨床に関わる現場や研究機関、大学におられる方でバウム・テストの読み取りを必要とされている方や関心のある方 。
・バウム・テストの解釈を学びたいとの気持ちをお持ちで、解釈するのがはじめてのかた、あるいはこれまでのご自分の解釈を基本に立ち戻り整理し、よりお力を深めようとのお考えの方。

【お申し込み】必要事項をご記入の上、こちらよりメールまたはFAXでお申し込み下さい。後日、参加費のお振り込みをお願い申し上げます。

  いつも当学習会にご協力いただきまして有難うございます。さて、こつこつと続けてまいりましたバウム・テスト(樹木画)学習会を下記の要領で今年度で12回目の開催をさせていただくはこびとなりましたのでご案内申し上げます。あらためて一つ一つの事例を通して解釈の基礎を学びとっていくようにしたいと考えています。


 バウム・テスト(樹木画)は入っていきやすく、一目見て描画者の心のありようをある程度読みとりうる描画法ではあります。しかし、それだけに印象解釈におちいりやすく、確度の低く浅薄な読みとりしかなしえずにもどかしく苦しい思いをさせられるテストでもありますが、この奥深いテストをある程度の確かさをもって、描画者の心の世界のありようを生き生きと再現しうる解釈力を少しずつつけていきたいと願い、本学習会を企画しております。ご一緒によろしくお願いいたします。ふるってご参加くださいますよう心よりお待ちしております。

■各自で当日お持ちいただくもの■ 
36僂發里気   ⊃Д撻(2色ほど) I寇(細長いタイプのものがあれば便利です)

 

■参考文献■ 
バウムテスト[第3版]ー心理的見立ての補助手段としてのバウム画研究 

カール・コッホ (著), 岸本 寛史;中島 ナオミ;宮崎 忠男 (翻訳) 

バウムテスト活用マニュアル―精神症状と問題行動の評価

ドゥニーズ ドゥ・カスティーラ, Denise de Castilla, 阿部 恵一郎
バウムの心理臨床
山中 康裕, 角野 善宏, 皆藤 章
樹木画によるパーソナリティの理解
カレン・ボーランダー, 高橋 依子
樹木画テスト
高橋 雅春, 高橋 依子
子どもの潜在脳力を知るバウム・テストの秘密―14年・20万例による不思議な実証
愛原 由子

 


〜講師ご紹介〜 塩月 源洋 先生    
 

バウム・テストの日本における代表的な研究者でありコッホの著書の訳書でもある林勝造先生に親しく、直接ご指導も受けられ、講習会の指導助手もされておられた先生です。 

同じカテゴリの記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック