第8回認知行動療法講座〜マインドフルネスを焦点として〜

一般受付 3/12(月)〜

 

【日時】 2018年4月1日(日)

    (会場 13:10)   13:30 〜16:30 

【会場】 神戸市立婦人会館 兵庫県神戸市中央区橘通3丁目4−1

【講師】 高井 祐子 先生 (神戸心理療法センター代表 、臨床心理士)

【内容予定】 認知行動療法の基本と現在展開されているマインド・フルネスの視点と方法の基本を学ぶ

 

 

 【対象】 医療・心理・教育・福祉など心理臨床に関わる現場や研究機関、大学におられる方で、認知行動療法に関心をお持ちの方

【参加費】 5,000 (税込) ※後日お振り込みお願いします。

【定員】30名程度  

【〆切】3/27(火)

※ただし定員になり次第〆切させていただきます。

【お申し込み先】こちらよりお申込み下さい。

【参考文献】「うつのためのマインドフルネス実践」

マーク・ウィリアムズ ジョン・ティーズデール ジンデル・シーガル ジョン・カバットジン 星和書店 3996

 

 

 ようやく春が近づいてまいりました。皆様におかれましてはお仕事やご研究にますますご精励のことと存じ上げます。今年度も、認知行動療法講座を下記の要領で開催いたしますのでご案内申しあげます。

 

 この講座を立ち上げた頃は認知行動療法を学べる機会は関西ではあまりなかっために、この療法への入り口として本講座を開催してまいりました。しかし、現在ではこの療法は広く一般に知られるところとなり、学習機会もかなり増えています。そこで、本講座では現在注目されてきていますマインド・フルネスに焦点をあてながら、認知行動療法の基本を勉強していきたいと思います。講師は、この治療法の有効性が広く知られるようになる以前よりこの療法について実践的・理論的に研鑽を積まれ、臨床実践においても柱として活用されつづけてこられた 高井 祐子 先生(神戸心理療法センター代表・臨床心理士) です。

 

 認知行動療法、特にマインド・フルネスを活用していく際にわきまえておくべき基本的な視点そしてコツについて具体的に勉強をしていきたいと思います。是非ご参加いただき、この講座を通して認知行動療法の実践をより事例に則して活用していける姿勢と力を身につけていっていただければと願っています。多くの皆様の参加をお待ちしております。

 

〜講師 高井 祐子 先生 ご紹介〜

  武庫川女子大学大学院臨床教育学研究科を修了後、麻植 哲夫 先生のもとで研鑚をつまれました。「兵庫中央病院 心理療法士」および「木内女性クリニックカウンセラー」のセラピストとして臨床活動に関わりながら、兵庫県のスクールカウンセラー・キャンパスカウンセラーとしてもご活躍されています。神戸心理療法センター代表。ご専門は、認知行動科学です。 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Twitter

Facebook

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

エッセンシャルズ 心理アセスメントレポートの書き方
エッセンシャルズ 心理アセスメントレポートの書き方 (JUGEMレビュー »)
エリザベス・O. リヒテンバーガー,ネイディーン・L. カウフマン,アラン・S. カウフマン,ナンシー マザー

recommend

エッセンシャルズ WISC-IVによる心理アセスメント
エッセンシャルズ WISC-IVによる心理アセスメント (JUGEMレビュー »)
ドーン・P・フラナガン,アラン・S・カウフマン

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode