CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

CATEGORIES

archives

Twitter

Facebook

2017.12.09 Saturday

第13回バウム・テスト(樹木画)解釈学習会〜基礎編〜

0

    一般受付 2017/10/17(火)〜

     

    2017年12月10日(日) 10:15〜16:15 〆切

     ※5時間(途中1時間休憩) 

    ○歴史(コッホを中心に) ○実施法について(含実習)

    ○解釈の手順−大・中・小 そして統合へ
    ○手順に従った解釈の実習1−その樹木画の特徴をとらえる−

    1.全体印象
    2.定位及び描画のバランス・構造特徴(とその解釈)    
    3.樹木の重要な部分(根・地平・幹・冠)の特徴(とその解釈)   
    4.その他の描特徴、および樹木の細部特徴(とその解釈)


    2018年1月21日(日)13:30〜16:30 ※3時間 〆切
    ○手順に従った解釈の実習2

    −全体印象や他の特徴、そして背景情報を参照しながら、1〜4の解釈を行う−

     

    その折りに、 .発達的意味 .空間象徴的意味 .樹木の各部の意味
     .エネルギーの流れ(描画・生成過程)の意味 .運筆動態の意味を検討する。


    2月18日(日) 13:30〜16:30  ※3時間 受付

    ○手順に従った解釈の実習3
    −これまでの勉強を踏まえて、参加者で検討しあいながら事例の解釈を進める−
    ○総合所見を作成する。

     


    2017.09.24 Sunday

    第8期 WISC-IV 解釈学習会

    0

      一般受付 2017/6/19~

       

      解釈入門編2017716(日) 〆切

      10時〜12時半

      −WISC−犬粒詰廚伴損楙紊量簑蠹世砲弔い董檗概要、検査を実施するにあたっての留意が必要となる点を学ぶ。

      13時半〜16  事例を用いて、基礎資料の作成の仕方について学ぶ−検査の生記録(ローデータ)から評価点、群指数等がどう算出されて基礎資料が作成されているかについて、実際に基礎資料を作成することを通して学ぶ。時間が許せば、作成した基礎資料を元に、基本的な分析方法と解釈の基礎を学ぶ。

       


      解釈基礎編201793() 定員の為〆切

      10時〜12時半 

      −基礎資料の自作とその分析方法および解釈の基礎について学ぶ− 事例のプロトコールを元に基礎資料を作成WISC―の基本的な分析方法と解釈の基礎

      13時半〜16時 

      −総合所見を書き方のポイントを学ぶ−事例の基礎資料(講師作成)を用いて、分析と解釈、総合所見をどのように書いていくのか

       


      解釈基礎編:2017101日(日) 定員の為〆切

      10時〜12時半  

      −総合所見を被験者・関係者にどうフィードバックするかについて−

      基礎資料を元に分析・解釈を行い、総合所見にまとめる。 総合所見を元に、それをどう被験者や関係者にフィードバックするかを学ぶ。

      13時半〜16

      ‐基礎資料を元に事例を解釈し総合所見をまとめる。−
      解釈結果=総合所見を被験者・その保護者・教師・医師などの支援者にフィードバックするときの留意点とその具体的な方を学ぶ。

       

      ねらい≫シリーズを通して、WISC-の概要を知り、検査実施にあたっての留意点、基礎資料の作成の仕方、基礎資料の分析方法と解釈の基本、総合所見の書き方、解釈の結果を被検査者やその関係者にフィードバックするときのポイントと心得について、できるだけ種々の事例に接しながら学び取っていくことをねらいとします。

       

      半日でおおよそ1事例を元に学習させていただきます。上記内容は予定であり、お集まりいただきました参加者の皆様の学習状況などにより、変更もございます。なお、テスター養成のための内容とはなっておりません。ご了承下さい。

       

       

       

       

      続きを読む >>

      << | 3/12PAGES | >>